2018 / 7 / 4

ヨブ記345章 ・ 1テサロニケ5章

Job 3-5 / 1 Thessalonians 5

『ヨブのうめきと祈り』
【ヨブ3:11 なぜ、私は、胎から出たとき、死ななかったのか。なぜ、私は、生まれ出たとき、息絶えなかったのか。3:12 なぜ、ひざが私を受けたのか。なぜ、私の吸う乳房があったのか。3:13 今ごろ、私は安らかに横になり、眠って休み、・・・】

①ヨブは、神様を信じており、
その見守りを知っていましたが、
友人たちがヨブの元にやってきた時、
自分の内にある苦しみを、吐露したのです。

信じていても、苦しみは湧き上がります。
特に、苦しみの原因が分からない時には、
その痛みは大きいのです。

しかし主は、苦しみを通じて、
ヨブの心にあるすべてを吐き出させ、
その後に、癒しと回復を与えられたのです。

・・・苦しみには意味があります。
また苦しみの感情にも、意味があるのです。

私たちは、主にすべてを訴える時、
主の解決を見ることができます。
しかし、それには時が定められているので、
その時までは、訴え続ける必要があるのです。

『再臨の主を備えて生きる』
【Ⅰテサロニケ5:23 平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。5:24 あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます。】

①私たちは、いつかは再臨のイエス様と出会う時が与えられます。
その時に「責めれれることがないように」
と使徒パウロは勧めているのです。

地上のどんな成功も、
「主に責められてしまうならば」
意味がありません。
私たちは、まず第一にそのことを考えるべきなのです。

 

藤本先生