2018 / 7 / 13

ヨブ32333435章 ・ 1コリント6章

Job 32-35 / 1 Corinthians 6

『ヨブの心を見ておられた神様』
【ヨブ33:8 確かにあなたは、この耳に言った。私はあなたの話す声を聞いた。33:9 「私はきよく、そむきの罪を犯さなかった。私は純潔で、よこしまなことがない。33:10 それなのに、神は私を攻める口実を見つけ、私を敵のようにみなされる。33:11 神は私の足にかせをはめ、私の歩みをことごとく見張る。」33:12 聞け。私はあなたに答える。このことであなたは正しくない。神は人よりも偉大だからである。】

①エリフも、ヨブの言葉を聞いて、
「ヨブは、道徳的に完全だと主張している」と受け取りました。
しかし実際は、
ヨブは「自分はここまでひどい裁きに合う理由を見つけられない」(31:1-40)
と言っていただけだったのです。

ヨブの気持ちをだれも理解してくれませんでした。
しかし主は理解しておられたことを知りましょう。

神様は、ヨブを無視するようであっても、
ヨブの心を見ておられ、
ヨブに語るタイミングを計っておられたのです。

『神の栄光を現す』
【Ⅰコリント6:12 すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません。
6:19 あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。6:20 あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。】

①使徒パウロは、すべてのことはしてもよい(自由だ)
と書き記しました。
しかしすべてが益になるのではないのです。

自分の思いのままに進んだ時に、
間違った方向に進んでいることがあるのです。

「神の栄光」を考えましょう。
私たちの心には聖霊が住んでおられるのです。
その方の悲しませることに気がついたなら、
(主に助けて頂いて)
「不品行や汚れ」から離れるのです。

 

藤本先生