2018 / 4 / 11

士師記1011章 ・ マルコ6:30-56

Judges 10-11 / Mark 6:30-56

『悪の刈り取りの苦しみと、主の憐み』
【士師記10:15 すると、イスラエル人は【主】に言った。「私たちは罪を犯しました。あなたがよいと思われることを何でも私たちにしてください。ただ、どうか、きょう、私たちを救い出してください。」10:16 彼らが自分たちのうちから外国の神々を取り去って、【主】に仕えたので、主は、イスラエルの苦しみを見るに忍びなくなった。】

①民がどれほど主から離れていようとも、
一旦、主にすがり主に真心から立ち返るならば、
主はその者をあわれみ、救い出してくださるのです。
神様は、愛する子供が苦しんでいる時に、
心を痛める父親のような存在です。

罪を犯して、その結果に苦しんでいる人は、
ただ悪の道から離れ、
キリストの赦しを受け入れましょう。

少しでも人生をキリストに明け渡し、
主の喜ばれることを選び続けるならば、
主はその人を再び、豊かに祝福してくださるのです。

『イエス様の祈り』
【マルコ 6:44 パンを食べたのは、男が五千人であった。6:45 それからすぐに、イエスは弟子たちを強いて舟に乗り込ませ、先に向こう岸のベツサイダに行かせ、ご自分は、その間に群衆を解散させておられた。6:46 それから、群衆に別れ、祈るために、そこを去って山のほうに向かわれた。】

①イエス様は5000人給食の後、
弟子たちを先に行かせ、ご自分は祈るために山に行かれました。
イエス様は、いつも主と交わっておられました。
大きな働きの前も後も、
天の父との親しい交わりを持っておられたのです。

私たちも同じです。
私たちの原動力は、
イエス様と父なる神様との祈り交わり
(愛の交わり)なのです。

 

藤本先生