2018 / 11 / 1

エレミヤ12章 ・ ヨハネ5:1-30

Jeremiah 1-2 / John 5:1-30

『選んだものを助けて下さる神』
【エレミヤ1:4 次のような【主】のことばが私にあった。1:5 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」1:6 そこで、私は言った。「ああ、神、主よ。ご覧のとおり、私はまだ若くて、どう語っていいかわかりません。」1:7 すると、【主】は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。1:8 彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。──【主】の御告げ──」】

①エレミヤは、主によって選ばれ、預言者として定められていました。
そして主は「エレミヤを助ける」と言われたのです。
私たちも、主によって選ばれています。
働きはエレミヤと違っていても、主は選んだ者を助けて下さるのです。

『信仰を引き出されるイエス様』
【ヨハネ5:5 そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。5:6 イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」5:7 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」5:8 イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」5:9 すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。】

①この男性は、38年間病気が治りませんでした。
イエス様はこの男性に「良くなりたいか」と言われたのです。
男性は直ることを求めていましたが、しかしあきらめの気持ちもあったのです。

②イエス様はこの男性に、信仰を湧き上がらせました。
そして彼を癒されたのです。

・・・イエス様は私たちにも「良くなりたいか」と問われるのです。
その言葉に応答する者は、主の奇跡を見るのです。

 

藤本先生