2018 / 1 / 29

出エジプト1617章 ・ マタイ20:17-34

Exodus 16-17 / Matthew 20:17-34

『主の命令を守る難しさ』
【出エジプト16:25 それでモーセは言った。「きょうは、それを食べなさい。きょうは【主】の安息であるから。きょうはそれを野で見つけることはできません。16:26 六日の間はそれを集めることができます。しかし安息の七日目には、それは、ありません。」16:27 それなのに、民の中のある者は七日目に集めに出た。しかし、何も見つからなかった。16:28 そのとき、【主】はモーセに仰せられた。「あなたがたは、いつまでわたしの命令とおしえを守ろうとしないのか。・・・
16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。】

①主は、荒野でパンがないと叫ぶ民たちに対して、パンを与えると約束されました。
そして六日目に2倍のマナを集めるように命じたのです。
これは毎日の信仰の訓練のためでした。

しかし民は不信仰で、神様の言うことを聞かず、
自分の考えで、七日目も集めに行き、主の怒りを受けたのです。

人間は愚かで、自分なりのやり方を押し通してしまいます。
自分なりのやり方であること自体、気が付かずに、押し切ってしまうのです。

しかし主は約束通り、荒野の40年マナを与え続けたのです。
人は約束を破っても、主は守られるのです。
私たちも、主の命令を守れるものとなりましょう。
そのためにも、祈りましょう。

『神の国の価値観』
【マタイ20:26 あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。20:27 あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。20:28 人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」】

①イエス様の十字架の予告の後、
ヤコブとヨハネの母が、自分の子をイエス様の御国で、
右と左の最高の地位につけるように頼みました。

母親と子供たちは、神の国の価値観ではなく、
地上の価値観で出世と評価を求めていたのです。

②しかしイエス様は、人の先に立ちたいものは、しもべとなり仕える者となりなさい、と言われました。
この世の価値観と神の国の価値観は、全く違います。

私たちは、この世にあっても、神の国の価値観で生きていくのです。

藤本先生