2018 / 1 / 10

創世記2526章 ・ マタイ8:1-27

Genesis 25-26 / Matthew 8:1-27

『祝福の約束と信仰の応答』
【創26:2 【主】はイサクに現れて仰せられた。「エジプトへは下るな。わたしがあなたに示す地に住みなさい。26:3 あなたはこの地に、滞在しなさい。わたしはあなたとともにいて、あなたを祝福しよう。それはわたしが、これらの国々をすべて、あなたとあなたの子孫に与えるからだ。こうしてわたしは、あなたの父アブラハムに誓った誓いを果たすのだ。」】

①創造主は、アブラハムの信仰の応答のゆえに、息子イサクを祝福すると語られました。
そして実際にそのようにされたのです。
主は約束されたことを実行されます。

主の願いを知り、その願いに応え続けるならば、主の約束は変わらないのです。
しかし大事なことがあります。
それは「わたしが示す地に行きなさい」という命令に素直に従うことです。
信仰の応答は、親の世代も子供の世代も、自分自身がしなければならないのです。

『イエス様の言葉の権威を信じる』
【マタイ8:5 イエスがカペナウムに入られると、ひとりの百人隊長がみもとに来て、懇願して、
8:6 言った。「主よ。私のしもべが中風で、家に寝ていて、ひどく苦しんでいます。」8:7 イエスは彼に言われた。「行って、直してあげよう。」8:8 しかし、百人隊長は答えて言った。「主よ。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは直ります。・・・
8:10 イエスは、これを聞いて驚かれ、ついて来た人たちにこう言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしはイスラエルのうちのだれにも、このような信仰を見たことがありません。」】

①この百人隊長は、「イエス様の言葉」には権威があるので、
お言葉だけを頂けば、「しもべは治る」と信じたのです。
イエス様のお言葉には「権威」があります。
それを信じる者には「主の奇跡の力」が流れるのです。

藤本先生