2017 / 11 / 30

エゼキエル1112章 ・ ヨハネ21章

Ezekiel 11-12 / John 21

『蒔いた種の刈り取り』
【エゼキエル11:19  わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。11:20  それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行うためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。11:21  しかし、彼らの忌むべきものや、忌みきらうべきものの心を、自分の心として歩む者には、彼らの頭上に彼らの行いを返そう。──神である主の御告げ──」】
①主は蒔いた種の刈り取りをされます。 主に従い、主の掟を守ろうとする者には、「石の心が肉の心」に変わるような、心の変化が与えられます。 しかし自己本位に歩む者には、その行いの報いが与えられるのです。 私たちは悔い改めましょう。 そして主に取り扱って頂きましょう。 主は恐ろしい力をもっておられるお方なのです。

『主を愛する力』
【ヨハネ21:15  彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」21:16  イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」】
①イエス様はペテロに三度、「わたしを愛するか」と問われました。 キリストに従う者は、、必ず主から同じ質問を受けます。 神様に仕える最も強い動機は、「主を愛すること」です。
・・・「あなたは主を愛していますか」 その答えに「はい」と言える人は、 どんな苦しみに会ったとしても、 主に従い続け、人生の目的を達成することができるのです。

藤本先生