2017 / 11 / 04

エレミヤ78章 ・ ヨハネ6:25-59

Jeremiah 7-8 / John 6:25-59

『エレミヤのとりなしの祈り』
【エレミヤ8:18  私の悲しみはいやされず、私の心は弱り果てている。8:19  聞け。遠くの地からの私の民の娘の叫び声を。「【主】はシオンにおられないのか。シオンの王は、その中におられないのか。」「なぜ、彼らは自分たちの刻んだ像により、外国のむなしいものによって、わたしの怒りを引き起こしたのか。」8:20  「刈り入れ時は過ぎ、夏も終わった。それなのに、私たちは救われない。」8:21  私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕らえた。8:22  乳香はギルアデにないのか。医者はそこにいないのか。それなのに、なぜ、私の民の娘の傷はいやされなかったのか。】
①エレミヤは、神様との交わりと、民の不信仰の間に立って、引き裂かれそうに心が痛みました。 主に素直に近づくならば、民は苦しみを経験することはないのに、 民が反逆し続けた現実を見て、心が痛んだのです。 民のためにとりなし祈る者は、このような心を持ちます。 しかし主はその「とりなしの祈り」を用いて下さるのです。

『イエス様は、いのちのパン』
【ヨハネ6:35  イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。6:36  しかし、あなたがたはわたしを見ながら信じようとしないと、わたしはあなたがたに言いました。6:37  父がわたしにお与えになる者はみな、わたしのところに来ます。そしてわたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。6:38  わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。6:39  わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。」】

藤本先生