2017 / 10 / 23

イザヤ5960章 ・ 2テモテ3章

Isaiah 59 – 60 / 2 Timothy 3

『とりなし祈る者を願われる主』
【イザヤ59:14  こうして公正は退けられ、正義は遠く離れて立っている。真理は広場でつまずき、正直は中に入ることもできない。59:15  そこでは真理は失われ、悪から離れる者も、そのとりこになる。【主】はこれを見て、公義のないのに心を痛められた。59:16  主は人のいないのを見、とりなす者のいないのに驚かれた。そこで、ご自分の御腕で救いをもたらし、ご自分の義を、ご自分のささえとされた。】
①主は、地上で人々のために、罪からの救いのために「とりなし祈る者」を願っておられます。 しかし祈る者がいなくても、 「ご自分の民」を救うために「イエスキリスト」を救い主として与えられたのです。 そしてキリストは今も「私たちのために」とりなし祈って下さっているのです。(へブル7 :25 )
・・・イエス様に個人的に祈って頂いている私たちは、とりなし祈る者となりましょう。 他の人のために祈るクリスチャンは、ますます力強くなれるのです。(エペソ6 :18 )

『避けなければならないこと』
【Ⅱテモテ3:1  終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。3:2  そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、3:3  情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、3:4  裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、3:5  見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。】

藤本先生